熊野筆の技術を受け継ぐ、タウハウスのメイクアップブラシ


熊野筆のパフォーマンス 
― 毛先の品質の高さ、一本一本手作業により生産される信頼性、安全性 ― に、
広島の老舗デザイン会社が参画し「デザイン」をプラスアルファ。

「今までにないメイクブラシ」を世界に発信すべく、熊野筆ブランド「TAUHAUS」は誕生しました。

メイクタイムの充実と同時に「カワイイ」ものに心躍らせる女性の気持ち、
最上級の出会いを求めながら、肩肘張らないアイテムを選べる自由なライフスタイル。



新しいものを創造し、古い固定概念を壊す強い行動力。

モノクロームだった熊野筆の軸に、
いきいきとした色や形を与えたのがTAUHAUS

鮮烈なチェリーピンクをまとった見たことのない熊野筆の
デビューに世界は目を見張りました。

プロのメイクアップ・アーティストから
日々のメイクを楽しむ全ての人へ、
垣根を越え届けられる美への特権。

ブラシの持ちやすさ、感触、
全体のフォルムにまでこだわりぬいた
TAUHAUS
のメイクアップ・ギア。

品質とデザインの融合をめざした、
TAUHAUSのメイクアップ・ギア。

限界やタブーのない、
TAUHAUS
のメイクアップ・ギア。

現代を颯爽と生きるあなたの美意識に
TAUHAUSは選ばれたい。




歌舞伎の舞台化粧も、著名な日本画の作品も、ある筆がなかったらここまで進化しなかったのではと言われてきました。
それが広島県安芸郡熊野町で生まれた「熊野筆」なのです。
日本一の筆生産量を誇るこの地では、筆づくりの伝統技術が江戸時代より脈々と受け継がれてきました。

日本の筆の歴史を支えてきた熊野筆は、今、ヨーロッパファッション界やハリウッド映画界から注目を浴びて、世界のメイクブラシの歴史をもつくろうとしています。
この「熊野筆」が私たちTAUHAUSのルーツであり、今なお、その地でタウハウス・マイスターたちが一本一本手づくりで筆づくりを行っています。

熊野筆(化粧筆)の筆づくりは、軸・金具・穂先に分かれて進められます。
職人から職人へ、技を誇る軸職人・金具職人・筆職人が1本の筆を丁寧に仕上げていきます。
無数の工程を経て、全ての部品が組み立てられると、最後に穂先を作る筆職人のもとで「熊野筆」は完成します。


熊野筆の最大の特徴は、「刃物で切り揃えることなく、筆の毛先を整える」職人の手仕事にあります。
熊野で生まれた熊野化粧筆を手にとれば、うっとりとした肌ざわりにきっと魅了されることでしょう。

 毛先をカットすることなく穂先のカーブを生み出す匠の技

タウハウス・メイクブラシは、毛を厳選し、「筆の里 熊野」での手づくりの製作工程にこだわるため、
大量生産ができません。
また、手づくりという製作工程上、ブラシの表情は一本一本微妙に異なります。

 熊野筆作りの命「コマ」

このページの先頭へ